雑誌「Latina」9月号に滞空時間のインタビュー記事掲載

雑誌「Latina」9月号に滞空時間のインタビュー記事が掲載されました〜。
文章は滞空時間の活動をずっと追ってくれていて、2012年のバリ島公演も同行し、ガムランの師匠にもあった事のあるライターの岡部徳枝さん。
今夏発売されたばかりのサード・アルバム「ウミトヨル」についてはもちろん、そこに至るまでの伏線、そもそもどうしてガムランなの…などなど、滞空時間を知る人にも知らない人にも楽しんでいただける面白い内容なので、ぜひ沢山の方に読んでいただきたいです。
カラー3ページ。バリの師匠や影絵ライブの様子など素敵な写真とともにお楽しみください。

14045810_742090132596687_5018227186930898151_n

文:岡部徳枝
写真:市村隼人、コテツ、冨安修一

=================================

<滞空時間 今後のライブスケジュール>

8/28 SASAYA CAFE (滞空時間×HEI TANAKA)
9/9 みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016
9/10 旧清川小学校体育館 (山形)
9/11 寺NOVA vol.4 (秋田県男鹿半島)
10/1 3rdアルバム【ウミトヨル】レコ発ライブ(都内)

※2016年11月より、滞空時間 主宰の川村 亘平斎が1年間バリ島に滞在するため、滞空時間の活動も2017年11月までいったんお休みとなります。