あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、新年最初のお知らせです!!

2013年10月に発売された滞空時間の2ndアルバム【RAINICHI来日】ですが、じつはまだ発売記念ライブを行っておりませんでした。
ライブは何度かやってましたが、どれも変則セットでの演奏だったため、フルメンバー&フルスクリーン影絵での発売記念ライブをおこないます!!

2014/03/14(fri)2ndアルバム【RAINICHI・来日】リリースLIVE

3_14_omote
2013年に待望の2ndアルバム【RAINICHI来日】が発売され、俄然いきおいを増した滞空時間のレコ発ワンマンライブがついにやってくる。
巨大スクリーンをひろげた会場で、影絵とガムランを中心とした音楽のライブが2年ぶりに復活。

アルバムにも参加した民謡歌手・木津茂理と、舞踊家・久保雅子がゲスト参加。
滞空時間のお祭り騒ぎは止まらない!!

2ndアルバム【RAINICHI・来日】リリースLIVE

■日時
2014/03/14(fri)
18:30 OPEN 19:30 START

■出演
滞空時間 × 木津茂理(民謡歌手/太鼓奏者)
久保雅子(舞踊)

■FOOD
インド富士(Blog)

■場所
アサヒアートスクエア(WEB)
東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F
TEL:090-9118-5171

■一般チケット
100名限定ライブ
前売3000円/当日3500円

■影裏シートチケット(限定・事前予約のみ)5,000円
※スクリーンの前後どちらからもでご覧いただけます※

■ご予約方法
メールまたは当ウェブサイトのcontactより、下記必要事項をお書きのうえ送信して下さい。
題名:「3/14ライブ予約」
お名前(カタカナ、フルネーム)
ご希望枚数
お電話番号
メール:taikuhjikang◎gmail.com(◎を@に変更してください)

===================================
<プロフィール>

TJ_foto_2013_comp3 TAIKUH JIKANG 滞空時間
インドネシアの青銅打楽器【ガムラン】と【影絵】を駆使して、唯一無二のパフォーマンスを繰り広げる奇才・川村亘平斎のソロユニット【TAIKUH JIKANG滞空時間】。都市と土着が融合した新たなお祭り空間は、日本のみならず世界中から熱い支持を受けている。
2012年7月のインドネシア/マレーシア2カ国ツアでは、現地アーティストとのコラボレーションや日本の民謡を交えたパフォーマンスがオーディエンスに熱狂的な指示を受ける。
2013年に発表されたニューアルバム【RAINICHI 来日】では、架空の南の島で行われたお祭りの一夜をコンセプトに、小山田圭吾(cornelius),木津茂理(民謡歌手)など豪華ゲストが参加。また、鎌倉にて細野晴臣等との共演や、オオルタイチとの南方ディスコではライブ史上最高の盛り上がりを見せた。
常に変化し続ける彼等のお祭り騒ぎは、ますます目が離せない。
西はアフリカ東は日本、広がる海のシルクロード、移ろい繋がる音と影。AYO!!!!SELAMAT JALAN!!!!!

images-1
木津茂理(民謡歌手・太鼓奏者)
http://www.shigeri.jp/
尺八奏者の木津竹嶺を父に持ち、唄を木津竹嶺、三味線を本條秀太郎師、鳴り物を山田鶴喜美師に師事。3歳で初舞台を迎え、幼少の頃より民謡番組のテレビ、ラジオ、ステージにて活動する。
・1997年、ウズベキスタンの古都サマルカンドで行われた50ヶ国以上もの国が参加する国際音楽祭「第一回 シャロク・タロナラル(東洋のメロディ-)」にて太鼓を担ぎ、たった一人で日本代表として参加。審査員特別賞を受賞する。
これをきっかけに「太鼓を打ちながらうたう」というスタイルを確立し、独自の民謡感を広げて行く。
・2002年、ビクター伝統文化振興財団より、津軽三味線の重鎮、澤田勝秋師とのデュオアルバム「つるとかめ」をリリース。
民謡の世界のみならず、各界から注目を浴びる。同時にユニット名も「つるとかめ」と命名。
以後「あいのかぜ」「しゃっきとせ」(ゲスト:細野晴臣、浜口茂外也)の2枚のアルバムをリリース。

Unknown
久保雅子(舞踊家)
1980年生まれ。フラとの出会いは沖縄「Happy Flower Beach Parry 2004」。
2007年よりポップユニット「虹色のフラリ」として各地のイベントなどに出演するとともに、創作フラリストとして様々なアーティストとのコラボレーションを楽しむ。現在、ハワイの聖地をはじめ、神社仏閣での奉納活動を続けるかたわら、百名山百フラを実行中。「日本文化」と「ハワイ文化」の融合につとめる、ハワイアンが苦手なフラリスト。